名刺制作.net

格安で名刺を制作する方法

アパレル店員の名刺を制作しよう

   

アパレル店員の名刺を制作する上でのポイントをチェック!

アパレル店員の名刺を制作する上でのポイントをチェック!
アパレル店員は洋服をお客様へと販売して提供するのが仕事で、一種の営業職に該当します。

結果や成果を出せてノルマを達成できている方は営業力が高く、他の業種と同じように名刺を制作しておかなければなりません。

  • 自分がどのようなアパレル店員なのか伝える
  • これからもお得意様になって頂けるようにアピールする
  • 自分たちのショップの良さを明確に伝える

 

こういった役割を名刺は持っており、普通のサラリーマンだけではなくアパレル店員にも大事なのはお分かり頂けるはずです。

以下ではアパレル店員の名刺を制作する上で、押さえておきたいポイントを幾つかご紹介しているので一度チェックしておきましょう。

アパレルの仕事に合ったデザインテンプレートを選ぶ

名刺のイメージはデザインで決まると言っても過言ではありません。

そのため、アパレルの仕事に合ったデザインテンプレートを選んで制作する必要があります。

  • 自分のショップで取り扱うブランドと色合いが似ている
  • 女性らしさをかもし出すようなデザインのテンプレート
  • 洋服のイラストや写真を余白の中に入れる

 

こういった名刺を作成してお客様に対して配っていれば、自分がどのような販売員なのか、どんなショップなのか明確に伝えられるのです。

Vistaprint(ビスタプリント)ではアパレルや卸売りなど、セールス全般で使えるデザインテンプレートが用意されています。

どのデザインを使って制作しても100枚で980円と格安なので、詳細はVistaprint(ビスタプリント)の公式サイトでチェックしてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

自分が取得している資格を記載する

信頼できるアパレル店員だとお客様へと伝えるために、名刺の中に自分が取得している資格を記載するのは選択肢の一つです。

  • 顧客に似合う色を提案する能力のパーソナルカラー検定
  • シューズの利用や販売に対する知識のシューフィッター
  • 繊維用品の企画から販売までの知識を学ぶテキスタイルアドバイザー
  • ファッションをビジネス的な視点で捉えるファッションビジネス能力検定

 

これらの資格を名刺の裏面辺りに記載していれば、「この人に依頼すれば自分にピッタリの衣服が見つかるかも」とお客様の購買意欲は高まります。

たった一人のお客様を逃さないように営業するのがアパレル店員にとって大事なことです。

1枚の名刺で変わることも十分にあり得るので、細心の気を配って作成に取り掛かってみてください。

 - 名刺の制作と職業