名刺制作.net

格安で名刺を制作する方法

ブラザーで名刺を制作できるの?

      2017/02/17

ブラザーのプリンタで名刺の制作は可能!

ブラザーのプリンタで名刺の制作は可能!

ブラザーとはプリンタや工業用ミシンといった製品を製造しているメーカーの一つで、ユーザーの満足度が高い機械を次々と販売しています。

ブラザーのプリンタを使って名刺を制作している方は意外と多く、有名なメーカーなのが大きな理由かもしれません。

名刺を自宅で制作するに当たり、印刷機の選び方は重要な要素の一つとなっています。

プリンタの種類によって文字の写り具合やデザインの見栄えが大きく異なるため、なるべく性能の高い製品を使った方が良いのです。

 

ブラザーから販売されている代表的な印刷機は?

ブラザーからどのような印刷機が販売されているのか見ていきましょう。

レーザープリンター:レーザーによる感光を印刷に利用するマシン
インクジェットプリンター:インクに熱や圧力をかけるタイプで家庭用として使用されているケースが多い
モバイルプリンター:あちこちに持ち運んで利用できるタイプの印刷機

 
レーザープリンターならば「HL-L8250CDN」や「HL-3170CDW」、インクジェットプリンターならば「DCP-J4225N-W/B」や「DCP-J963N-W/B」といった製品が人気を得ています。

大手のメーカーなだけあって販売されている印刷機の種類も多く、それぞれ違った性能を持っているのが特徴です。

個人の使い方によって適したプリンタは異なるため、公式サイトで確認して比較してみるのが良いかもしれません。

名刺の制作だけではなくその他の用途で使用するつもりならば、慎重に比較する必要があります。

プリンターは何度も買い換えられるような製品ではありませんし、一度購入したものを数年間に渡って使用するのが一般的です。

性能が良ければ良いほど価格は高くなりますし、10万円を超える印刷機もあるので事前にきちんと比較しておきましょう。

 

名刺の使用頻度が少ない人にはVistaprint(ビスタプリント)がおすすめ!

名刺の使用頻度が少ないのならば新たにブラザーの印刷機を購入するよりも、当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)のような専門の業者に依頼して制作してもらった方が良いかもしれません。

100枚の名刺が980円という格安の価格で販売されているので、プリンターを購入するよりも遥かにお得です。

ブラザーといった有名なメーカーの印刷機でもビックカメラでは数万円とそこまでのコストをかけずに購入できるものの、名刺の印刷にしか使わないのであれば勿体無いでしょう。

用紙代やインク代といったコストの節約にもなり、何よりも印刷とカットの両方をプロに任せられます。

見栄えが良くて高品質な名刺を制作できる数少ない業者なので、ビジネスマンの方は一度Vistaprint(ビスタプリント)で注文してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

 - 業者を利用して名刺を制作しよう