名刺制作.net

格安で名刺を制作する方法

翻訳家の名刺を制作しよう

      2017/01/19

翻訳家とはどのような職業?

翻訳家とはどのような職業?
フリーランスとして働いている翻訳家は、自分をアピールするツールの名刺を制作しておいた方が良いのではないでしょうか。

翻訳家とは外国語で記載された文章を日本語へと訳す仕事で、以下のように複数の種類に分けることができます。

実務翻訳:企業や研究者が利用するための翻訳を行う
文芸翻訳:小説などの文芸作品の翻訳を行う
映像翻訳:ドラマや映画などの翻訳を行う

 
上記のように仕事内容は異なるものの、翻訳家の多くはフリーランスとして働いており、仕事を自分で獲得して報酬を得る形となります。

 

翻訳家の名刺を制作しよう

翻訳家は自分を積極的に売り込まなければ仕事を獲得できないので、アピールツールの名刺が重要な役割を担っているのは何となく想像できるはずです。

もちろん、翻訳家に限らずフリーランスや個人事業主など会社に属さないような人間は、自分にどのような能力やスキルがあるのかまとめた名刺を制作しなければなりません。

名刺交換を求められて「持っていません」と答えれば確実に印象は悪くなりますし、作成自体は簡単なのできちんと用意しておくべきです。

当サイトでは、個人事業主やフリーランスの人に適した名刺制作業者のVistaprint(ビスタプリント)をご紹介しており、豊富なデザインから選択できるのが大きな強みとなっています。

翻訳家の方にもピッタリと合うようなテンプレートも数多く用意されているので、「自分で名刺を作成するのは面倒」と考えている方はVistaprint(ビスタプリント)に注文の依頼をしてみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

翻訳家の名刺は英語表記がおすすめ!

翻訳家の仕事をしている方は日本人だけではなく、外国人と触れ合う機会もそれなりに多くなります。

「日本語」⇒「外国語」という翻訳の仕事も少なからずあるでしょうし、外国人との接点は他の職業と比較すれば近いはずです。

そこで、ただ日本語で記載された名刺を制作するのではなく、裏面に英語表記をしてみてはいかがでしょうか。

グローバルな企業で働いている人は日本語と英語の両方で記載された名刺を持っており、表面の内容をそのまま英語で裏面に表記すれば完成です。

電話番号や住所、肩書きの表記が日本語とは異なるので多少は注意しなければならないものの、両面印刷をしてくれる業者に依頼するだけなので簡単かもしれません。

海外の方に名刺を渡した時に、英語表記があればイメージアップに繋がりますし、初対面でも会話のネタができます。

近年ではグローバルな企業は増えていますし、社内の公用語を英語と設定している会社もあるので名刺を渡す相手のことを考えて英語表記を入れるのは選択肢の一つなのです。

翻訳家として仕事を獲得して有名になりたいと考えているのならば、どのような方法でアピールすれば良いのか一度考えてみてください。

 - 名刺の制作と職業