名刺制作.net

格安で名刺を制作する方法

建設業の名刺を制作しよう

   

建設業は名刺を制作した方が良いの?

工務店や大工さんなど建設業の方は、サラリーマンと比べると名刺を使用する頻度が少ないかもしれません。

現場へと出向いて与えられた作業をこなす形となり、お客様と会う機会が少ないからこそ名刺を制作している人も少ないのです。

確かに、上層部の人間ならばまだしも、下っ端の建設業の人が名刺を持っていてもそこまで意味はないのではないでしょうか。

しかし、依頼主と直接やり取りを交わすような上層部の人間は、どのような会社なのか伝えるためにも名刺を制作しておく必要があります。

建物は長く使われる高価なものですし、安全が問われる業種なので信頼感を獲得するためにも安心してもらえるような名刺を作っておくべきです。

デザイン性のある名刺は相手から好意的に見られますし、「きちんと作業してくれる会社なんだな」という印象を与えられます。

最初の印象が良ければ次の仕事へと繋がる可能性は非常に高く、末永く依頼を受けるためにも建設業の人も名刺を制作しておいた方が良い理由はお分かり頂けるかもしれません。

そこで、どのような名刺を作成すれば良いのか分からないという建設業の方には、当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)をおすすめします。

「建築」「リフォーム」「家屋修繕関連」といったデザインのテンプレートが豊富に取り扱われているので、Vistaprint(ビスタプリント)で印刷を依頼してみてください。
 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

建設業の名刺のデザインはどんな感じが良いの?

名刺のデザインは職業によって決まっているわけではありませんが、なるべく仕事にマッチしたものを制作する必要があります。

・この会社はどのような仕事をしているのか?
・この会社はどんな業務に携わっているのか?
・この会社では何ができるのか?

 
上記のような内容が一目で分かるようなデザインを心掛けていれば、建設業の会社としてイメージアップを図れるはずです。

建設業ということで、トンカチや釘、クレーンや安全第一のヘルメットといったイラストを余白部分に入れてみるのも良いかもしれません。

文字だけの名刺はどうしても殺風景になりやすいですし、自分の業種と関係のあるイラストを一つ加えるだけで全体的な印象は大きく変わるのです。

もちろん、どんなに名刺のデザインが良かったとしても、実力や実績が伴っていなければ建設業の人が仕事を獲得するのは難しいのではないでしょうか。

それでも、どのような会社なのかアピールする手段は考えておかなければならず、その方法の一つが名刺の制作なので是非一度作ってみてください。

 - 名刺の制作と職業