名刺制作.net

格安で名刺を制作する方法

無職の人が名刺を制作する意味はある?

   

無職の人が名刺を制作する意味はあるの?

無職の人が名刺を制作する意味はあるの?

  • 無職の人は名刺を制作しても良いの?
  • ビジネスマンでなければ名刺を持てないの?

 

このような疑問を抱えている方は少なくありません。

結論から言えば無職でもニートでも名刺を制作して持つことはでき、何もビジネスだけで使うツールではないからです。

名刺が活躍する場所は意外にも多く、近年では会社で使うものとは別でプライベートの名刺を持つ人は増えました。

  • 勉強会やセミナーで個人的に繋がりたい
  • コミケやオフ会で同じ趣味を持つ友達を作りたい
  • 一緒に転職活動へと取り組む人を探したい
  • 主婦が趣味で始めた交流会で人脈を作りたい

 

上記のようなシチュエーションで役立つので、今は仕事をしていない無職の人でも作っておいて損はありません。

自分が何者なのかアピールする際に名刺は欠かせない存在ですし、現在では画像編集ソフトを使いこなせなくてもインクジェットプリンタが家になくても専門の印刷会社に依頼すれば制作と印刷の両方を代わりに行ってくれます。

  • 印刷会社の数が多すぎてどこに依頼すれば良いのか迷っている
  • プライベートで使う名刺だからできる限り安いところが良い

 

こういった方にはネット通販のVistaprint(ビスタプリント)がおすすめです。

100枚で980円という格安の料金設定なので無職やニートの人でも金銭的な負担は一切ありませんし、よりどりみどりのデザインから選択できるので一度Vistaprint(ビスタプリント)へと依頼してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

無職の人は名刺の肩書きに何て書けば良い?

無職の人が名刺を制作するに当たり、肩書きに何て書けば良いのか迷ってしまうことがあります。

ビジネスで使う名刺であれば、以下のように会社や自分の仕事に合わせて様々です。

  • 課長
  • 係長
  • 経営コンサルタント
  • 商工会議所役員
  • 小売上役

 

無職の人は無理に肩書きを記載する必要はなく、名前や連絡先といった必要事項だけでも問題はありません。

それに、プライベートで使う名刺であれば肩書きが書かれているのはおかしいですし、不要な情報を載せても相手にとって良いことは何一つとしてないのです。

「肩書きがないからこの人とは付き合わない方が良い」なんて思う人はおらず、あまり気にしないでください。

 

主婦や定年退職した人も名刺を制作しよう

「無職の人が名刺を持つなんてあり得ない」と偏見を抱いている方は少なくありません。

しかし、主婦や定年退職した人も無職と同じ分類ですし、プライベートで使う名刺を持っていたとしても不思議ではないのです。

アナログ的な方法でも人脈を広げたり友人を作ったりする際に役立ち、料金は安いので制作しておいても損はないでしょう。

もちろん、「名刺がなければ人に会うことはできない」と悩む必要はなく、もっと気楽に人との出会いを楽しんでみてください。

 - 名刺の制作と職業