名刺制作.net

格安で名刺を制作する方法

オタクの名刺を作成しよう

   

名刺は必ずしもビジネスで使わなければならないツールというわけではなく、近年ではプライベートで使用する方が増えました。

趣味で集まるイベントやオフ会で自分がどのような人間なのか知らせるために、ビジネス名刺とプライベート名刺を使い分けるのは決して珍しいことではありません。

そこで、アニメやゲームが好きなオタクも、専用の業者を利用して名刺を制作してみてはいかがでしょうか。

TwitterやFacebook、Skypeなど現在では様々なコミュニケーションツールが出回っており、自分を印象付けるには名刺を制作するのが一番です。

オタクの人はコミケやオフ会を中心に同じ趣味の人間が集まるイベントに参加する機会が多いはずなので、個性を全面に出した名刺を作るのが適しています。

会社で使用している名刺をイベント会場で渡してもインパクトを与えられませんし、ビジネスとは使い分けた方が良いのはお分かり頂けるはずです。

そこで、オタク専用の業者というわけではありませんが、当サイトでご紹介しているVistaprint(ビスタプリント)をおすすめします。

この業者では豊富な名刺のテンプレートが取り入れられており、どのデザインを使用しても100枚で990円という格安の価格が何よりの魅力です。

お手持ちのアニメキャラクターの手書きイラストなどを余白部分に入れてアピールすることもできるので、どの業者に依頼すれば良いのか悩んでいる人はVistaprint(ビスタプリント)を利用してみてください。
 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 
さて、オタクの人が名刺を制作したいのならば、オレンジ工房.comも適しています。

オンデマンドの同人誌と同人グッズ印刷を行っている専門の業者がオレンジ工房.comで、メジャーなコミュニケーションツールの名刺が10枚から制作できるのです。

どの業者でも基本的に50枚単位や100枚単位での発注となっているため、10枚単位で注文できるのは珍しいのではないでしょうか。

ビジネスシーンで使用する名刺とは違ってプライベートの名刺は使用頻度が少なく、「100枚も必要ない」「数十枚程度が丁度良い」と考えている方が多いはずです。

そのようなオタクの人にオレンジ工房.comは適しているので、公式ホームページでどのような名刺が制作できるのか確認してみてください。

もちろん、オタク名刺に限った話ではありませんが、デザインだけではなく情報ありきという点はきちんと心得ておかなければなりません。

名前や連絡先、SNS情報だけではなく何を名刺の中に載せれば良いのか考え、自分の印象を相手に強く残せるような名刺の制作を心掛けてみましょう。

 - 業者を利用して名刺を制作しよう