名刺制作.net

格安で名刺を制作する方法

会社から名刺が支給されない場合は自分で制作すべき?

   

会社から名刺が支給されないというケースは意外と多く、以下のような職業の方が当てはまります。

  • 中学校や高校の教員
  • ネットショップの経営
  • 外科医師や内科医師
  • お客様と会わない個人事業主

これらの職業の人が絶対に名刺を使わないと言い切れるわけではありません。

しかし、営業マンと比較すると会社から支給されないことが多く、名刺を持ちたいと考えているのならば自分で制作しなければならないのです。

恐らく、会社から支給されないのは必要ないからで、毎日の業務に支障が出ないのならば無理に制作しなくても良いでしょう。

当然のように自費で支払う必要がありますし、ビジネスで名刺交換をする機会が皆無なのに持っていても仕方がないのです。

それでも、社外の人と何かしらの形で会う機会があり、「申し訳ありませんが名刺を持ち合わせておりませんので・・・」と断りを入れるのが嫌ならば自費で作成しましょう。

現在では様々な名刺制作サービスが登場していて、100枚で数百円から1,000円程度の価格で注文できるようになりました。

①インターネットでお気に入りのサービスの公式サイトにアクセスする
②デザインを既存のテンプレから決めたりデータ入稿したりする
③文字やイラストの配置をオンライン上で決める
④欲しい枚数の名刺を注文して会計へと進む
⑤クレジットカード決済やコンビニ決済など支払い方法を選択する
⑥数日後に自宅へと届けられるのを待つ

 
このように名刺の制作方法は皆さんが想像している以上に簡単で、格安の料金で済ませられるからこそ注目を集めています。

当サイトでは100枚の名刺が880円という価格で販売されているVistaprint(ビスタプリント)をご紹介しているので、会社から名刺が支給されない方は一度利用してみてください。
 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

自分で名刺を制作する前に会社へと聞いてみるのがベスト

支給されないからといって勝手に名刺を制作するのではなく、最初に会社へと聞いてみるのがベストです。

ビジネスで必要だと判断されれば名刺の制作にかかる費用を負担してくれますし、無理に自腹を切らずに済みます。

それに、勝手に名刺を作成して会社用として使われるのが迷惑だと考える企業も少なくありません。

勝手に名刺を作って社外の人に渡してクビになるようなケースは皆無だとしても、一社員の判断で決められない問題なのでなぜ名刺が支給されないのか直近の上司へと話を伺ってみましょう。

「支給できないけど自主的に制作するのはOK」と許可を得た後にVistaprint(ビスタプリント)を利用してください。

 - 業者を利用して名刺を制作しよう