名刺制作.net

格安で名刺を制作する方法

公務員の名刺を制作しよう

      2017/01/20

公務員は名刺を制作した方が良いの?

公務員は名刺を制作した方が良いの?
地方公務員なのか国家公務員なのかによって異なるものの、名刺を持っているというイメージはないかもしれません。

確かに、公務員の場合は民間企業と比べると名刺の使用頻度が圧倒的に少なく、内勤ならば会社から支給されないので制作したいのならば自費で支払っているようです。

税務署の税務調査の際は身分証明書のようなものが必要となり、調査先の担当や役員と名刺交換をしなければならないので用意しているケースが多いでしょう。

内勤の公務員でも名刺を制作してはいけない決まりはありませんし、そこまで高いものではないので業者を利用して自分がどのような人間なのか伝える名刺を作るのは選択肢の一つとなっています。

自分で制作するのは意外と面倒ですし、印刷業者なら数千円程度の価格で様々なデザインから選べるので圧倒的にメリットの方が大きいのです。

Vistaprint(ビスタプリント)は公務員専用の名刺制作業者というわけではありませんが、豊富なテンプレートが用意されています。

公務員のようなお堅い職業の方にピッタリなシンプルでスッキリした名刺を制作できるので、Vistaprint(ビスタプリント)の公式サイトで確認してみてください。

 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 

公務員の名刺の制作費用は自腹なの?

所属の部署によって異なりますが、会社から名刺が支給されていないのならば制作費用は自腹で支払わなければなりません。

  • 会社のために使用するのに自腹はおかしい
  • 顧客の収集で利用するなら会社が負担すべきだ
  • 自分の利益に繋がらないのならば自費で支払う必要はない

 

上記のように、公務員の名刺に関しては様々な意見が飛び交っております。

最初から業務で使わないと判断が下されたら会社から支給されることはなく、疑問を抱えていても自腹を切らなければならないのです。

だからこそ、自分から積極的に名刺を制作するような公務員が少ないのではないでしょうか。

とは言え、名刺を制作するのにかかる費用は安いですし、経済的に大きな負担が加わるわけではないので万が一のために持っておいた方が良いと個人的に思います。

 

公務員が名刺を制作する際のポイントについて

自分の判断で名刺を制作するに当たり、公務員の場合は営業マンのように個性を出す必要はありません。

あくまでも公務員だという自覚を持ったデザインの名刺を制作しなければならないのがポイントで、無闇にロゴやイラストなどを入れる必要もないのです。

  • とにかくインパクトを与えるためにカラフルなデザインを取り入れる
  • 公務員とは関係のないイラストや写真を使用する

 

こういった方法で制作しても意味がなく、逆に名刺を渡した相手へと良くない印象を与えてしまいます。

もちろん、文字だけのモノクロの名刺では寂しいと感じるのならば、多少はデザインされているテンプレートを使ってみるのも良いのではないでしょうか。

ただし、プライベートではなく公務で使用するものなので、まずは上司へと名刺を作っても良いかどうか確認し、作成し終わったら仕上がりを見せて許可を得てください。

 - 名刺の制作と職業