名刺制作.net

格安で名刺を制作する方法

ミュージシャンの名刺を制作しよう

   

ミュージシャンとして自分を売りたいと考えている方は、万が一の時のために名刺を制作しておいた方が良いかもしれません。

「名刺はサラリーマンや会社員の人が持つツールだ」と考えている方はいらっしゃいます。

しかし、近年ではプライベートでも名刺を持つ方が増えており、ビジネスで使用する名刺と使い分けているケースは意外にも多いのです。

道端で演奏しているミュージシャンにプロデューサーが声を掛け、デビューに繋がったという話は時折耳にします。

「夢のような話だ」と思うかもしれませんが、趣味で演奏するのではなく有名になって稼ぎたいと考えているのならば自分をアピールする名刺を制作しておいた方が良いのです。

ミュージシャンの名刺の作り方は特に決まっていないものの、「自分はどのような歌を歌えるのか?」「自分はどのような曲を作れるのか?」という点について書くのが良いのではないでしょうか。

ボーカリストにしてもドラマーにしても、「自分には○○○がある」という点をアピールするために名刺を制作しておけば、役に立つ時は必ず来るはずです。

当サイトでは、数千種類のテンプレートの中からデザインを選んで名刺を作成できるVistaprint(ビスタプリント)をご紹介しております。

シンガーソングライターやミュージシャンにピッタリのデザインも数多く用意されているので、Vistaprint(ビスタプリント)で一度作ってみてください。
 

>>> Vistaprint(ビスタプリント)の詳細はこちら

 
さて、「文字だけの名刺はちょっと味気ない」と考えているミュージシャンは、以下のようなイラストを入れてみてはいかがでしょうか。

・マイク
・ドラム
・ヘッドホン
・バイオリン
・音符
・ギター

 
音楽と関係しているイラストや写真を入れておけば、名刺を渡した相手が見返した時に自分を思い出してくれます。

会社名や肩書きの代わりに、「自分が担当しているパート」「個人用のサイト」「個人用のブログ」「得意なジャンル」「自慢できる特技」「所属しているバンド名」なども同時に記載するのがベストです。

名刺という自分をアピールするのに最適なツールがあるのにも関わらず、それを利用しないのは少々勿体無いかもしれません。

「自分は有名なミュージシャンにはなれない」と諦めたらそこで終わりですし、夢を持っているのならばそれを実現させるために少しでも努力を重ねるべきです。

名刺の制作自体は何も難しいことはないので、業者に依頼したりソフトでデータを作成したりして誰かに渡す時のために用意しておいてください。

 - 名刺の制作と職業